快適独立シートのバス

3列シートバスの乗り心地

3列シートのバスの快適な旅

一般的な大型の観光バスなどは、座席が片側2席ずつあって、補助シートも含めると横に5人が座れるようになっています。しかし、このような詰め込まれた状態で何時間も揺られて遠方に運ばれるのでは、乗り心地が良いとは決していえません。ところが、最近の3列シートのバスは、席がひとつひとつ独立しているので、座ったり、立ったり、移動したりするのが容易になっています。また、両肘を置く場所に困ることもないため、乗り心地が良いのと同時に、身体を楽な状態に保つことが出来るのです。以前は、隣に知らない人が来た場合には、相当気をつかったものですが、3列シートならその心配もありません。

3列シートのバスの乗り心地

近頃は夜行バスを中心に、3列シートを採用する会社が増えてきています。4列シートと比較すると1人が使えるスペースが広く設計されており、ゆったり使えるというのが特徴です。また、隣に人がおらず、リクライニングも比較的大きく倒せるということで、乗り心地には圧倒的な差があるといえます。そのぶん値段は高めに設定されていますが、移動中に睡眠をとり、到着後すぐに活動する予定の人は3列シートのバスを選んだ方がいいでしょう。ただし、中には3列が全て独立ではなく、2列1列の配置になっているものもあります。この場合、2列の席だと4列シートとあまり変わらない乗り心地になってしまうので注意しましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 3列シートバスなら快眠 All rights reserved